看護師が活躍できる場所について

看護師の働き方として最もポピュラーなのが、病院での勤務です。それ故に、看護師の活躍する場は病院だけというイメージを持っている方は多いものです。もちろん、看護師免許を取得した人の多くが病院やクリニックで働き始めますが、それだけではありません。

近年需要が高まりつつあるのが、介護施設です。看護と介護は暮らしをサポートする役割ということで似ていますが、仕事内容は根本的に違います。高齢者の介助をする介護職員は、介護に関する知識はあるものの医療に関する知識を有しているとは限りません。高齢者はいつ何時身体に異常が起きるかわからないものです。そんな中で、医療の知識を有した看護師の存在は必要不可欠だといえます。

そうした背景もあり、介護施設には看護師は欠かせません。近年は高齢化の影響で施設数も増加傾向にあるため、その分看護師の求人も増えています。働き方としては、介護の仕事とバイタル・服薬管理等の業務を平行することになります。また、施設に配置される看護師は少数の傾向にあるため、万が一のことが起きた際には、迅速かつ柔軟な対応ができることが求められます。

その他、保育園や幼稚園など保育関係の職場でも活躍できます。子どもは体調を崩しやすく、さらに自分の状態をうまく言葉にできない場合もあります。そんな中で保育士も医療の知識が完全という訳ではなく、結果的に看護師が重宝されます。もし保育関係の現場で働く場合は、相手は子どもなので明るく接したり、不安にさせない態度が求められます。子ども好きな人にとっては、大きなやりがいを感じられる現場でしょう。